無農薬自然栽培って?

「無農薬自然栽培」とは「無肥料・無農薬」の栽培法

 

それは、簡単に言うと「肥料・農薬をつかわない栽培」のことです。肥料・農薬に頼らず植物と土の本来持つ力を引き出す農業で、自然に負荷をかけることのない永続的な農業方式です。

 

自然栽培は、国で安全だと言われている農薬も全く使いません。
肥料も、化学肥料はもちろん、有機肥料と言われる自然に優しい肥料なども使いません。

 
 
 
 

無肥料・無農薬でも野菜は育つの?

 

農薬どころか、肥料も使わないのではお米は育たないのでは?と懸念されるかと思います。生産量としては肥料たっぷりの田んぼに比べると半分ほどしか収穫できませんが、実は、栽培に必要な条件が揃えば、品質は立派なお米が育ちます。

 

自然の中には、虫も生きていますし雑草も生えています。そのような人間が人工的に手を加えない土づくりも自然栽培の特徴です。自然の中で、植物は立派に育ち、微生物の力で肥えた土ができています。農薬や肥料を使用しなくても、自然の力で植物は育つのです。そんな、本来自然が持っている力を最大限に生かし、作物を栽培するのが「無農薬自然栽培農法」です。