農家紹介


私たちの想い

はじめまして。私どものページをご覧下さり、ありがとうございます。先祖代々、田畑を耕し続けております専業農家の「たちばなふぁーむ」です。

 

インターネットのは普及に伴い、我家でも丹精込めて作り続けている自慢のお米『多古米』や野菜を是非とも味わっていただきたく、2005年より産地直送をはじめました。


インターネット販売は、パソコンでのお付き合いになりますが、画面の向こうには、人と心・想いが必ずあります。私どもは、この人と人とのつながりや、出会いを大切にしていきたいと思っております。 多古米と一緒に、田舎の温かさと、季節の移りかわりがなんとなく感じられる野菜を少しですが一緒にお付けしてます。晩秋にはサツマイモなどをお付けしております。

 

 

 

農村では今、後継者や高額農業機械の問題など、さまざまな悩みも抱えています。でも、こうした事もひっくるめて、今出来ることを考えると、一人でも多くの方に「多古米」を知ってもらい、農家から 直接お米を買うって、こんななんだ〜という喜びを味わって頂きたいと思ってます。

 

 

 

私達はこれからも、安全でおいしいモノ作りを続けてまいります。農家直送の『極上多古米』や旬の低農薬野菜を、是非一度食べてみて下さい。

 

 

たちばなふぁーむの話題

平成19年9月、NEXT-AGE(朝日新聞)9月号で、秋を味わう「オススメの新米」として、たちばなふぁーむが多古米が紹介されました。

プロフィール
 

代表 立花良夫

安全にこだわり、有機肥料100%で育てています。千葉エコ認証の特別 栽培米の「極上多古米」、無農薬自然栽培「いせひかり」、地元農家も多く食する「ふさおとめ」、是非ご賞味ください。炊き上がりの香り、つや、甘みは誰にも負けないと、自負しております。  

農業一筋40年! 多古米と野菜作りは職人技!

明るくまじめで、心優しい働き者の母が写真中央。 丹精込めて幻と呼ばれる多古米を作り続けています。 母の弟・篠宮茂も、2013年より生産業務に加わって、パワーUPしました。

HP運営、営業 青木清子(旧姓:立花)

 右下の写真が私。家族で応援、協力しています。2019年食品衛生責任者の資格を取得。梅干しや天然味噌の販売も予定しています。Webショップを始めて、お客様から「おいしかった」「またよろしく!」などの感想をメールなどでいただく事も多くなり、笑顔も増えたように思います。お客様に喜んでいただけて、これからもがんばっていこう!と思っております。


 

農場へのアクセス

東京から電車でも車でも約2時間。

日本の玄関「成田空港」から17kmの距離にある小さな田舎町です。田畑から天気の良い日は、小さく飛行機の飛ぶ姿が見えます。

生産地:千葉県香取郡多古町

 東関東自動車道、成田I,C.から車で15分 
 JR東京駅八重洲南口から高速バスで約1時間

資格・免許

  • 千葉県「ちばエコ」農産物認定米、環境社会検定試験合格